競馬情報商材の口コミ掲示板と一覧表
競馬商材:口コミ掲示板&一覧表
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6
ページ7
競馬会員制:口コミ掲示板&一覧表
ページ1

真眼馬券術

松本 雅史

真眼馬券術


馬券で当てることと馬券で儲けることは全く異なる次元の話です!!当てることのみに囚われていると、結局その馬券術は破綻します!!

「競馬市場は効率的ではない」

「効率性」という言葉は一般的には聞きなれないフレーズかもしれません。これは金融工学で使われる専門用語で、元々は株式市場についての研究が 発展していく中で発明された「効率的市場仮説」という考え方に由来する言葉です。

効率的市場仮説(Efficient Market Hypothesis, EMH)によれば、株式市場は証券分析のプロフェッショナルが収益機会を虎視眈々と狙っており、ほんの少しでもお買い得な株式があれば参加者が瞬く間に買いあさり、結果その株は値上がりし収益機会は消滅してしまう、という考え方です。

その詳細な説明は別の機会に譲るとして、この考え方を馬券売り場に適用してみましょう。

馬券を買う人は常に馬の勝率とオッズを見比べています。そして、勝率に比べてオッズがほんの少しでも有利な馬券があれば皆が売り場に殺到し、その馬券を買いあさり、その結果オッズは馬券の勝率に 見合う値になるまで下がってしまう、という状況が達成されていれば「効率的馬券売り場」になっていると言って良いでしょう。

完全に効率的な馬券売り場では「全ての馬券には勝率に見合うだけのオッズがついている」はずであり、
オッズ×勝率 は常に一定値になるはずです。

stat arb(Statistical Arbitrage コンピューターを用いた高度な統計的分析を元に取引銘柄を選定し、自動売買を行うこと)の手法を用いて投資対象を攻略しようとする場合、「効率性」が最も重要なポイントの一つなのです。

その意味で、この単勝の配当グラフから見てとれるのは、馬券参加者は決して「効率的」ではなく、また、その一点においてのみ馬券購入方法の儲けに繋がる攻略の糸口が隠されていると言えます。

的中率という観点では、オッズから見る馬券購入者全体の総意は見事に未来を予見できてる方向に向いていると言えるのですが、配当と兼ね合わせて見ると、的中性向により特化しており、馬券を当てようとするほど儲からなくなっているのです。

つまり、的中率の向上には限界があり、またその方向性の追及はいくら努力してみても、おのずとその不確定要素に飲み込まれ、オッズの控除の壁を乗り越えるレベルにまでの的中率レベルに達することはできないのです。

これが、冒頭の見出しにある「馬券で当てることと馬券で儲けることは全く異なる次元の話です!!」と述べさせていただいた理由です。

ではどうすれば儲かる馬をピックアップできるか、しかもJRAの控除額をも大きく乗り越え儲かる馬券術になり得るか?それを説明したマニュアルが今回紹介する『真眼馬券術』になります。

詳しく読む >>
この口コミ掲示板への書き込み
クチコミ掲示板にコメントを書く
お名前:
※未入力の場合は、お名前が匿名と表示されます。

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※画像が表示されない方は半角で「keiba」と
入力してください。
※管理者の承認後にコメントが表示されます。
競馬情報商材の口コミ掲示板と一覧表
競馬商材:口コミ掲示板&一覧表
ページ1 ページ2 ページ3 ページ4 ページ5 ページ6
ページ7
競馬会員制:口コミ掲示板&一覧表
ページ1

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。